財団法人酪農学園育英会
home01 home01  酪農育英会誕生の背景は、戦後未だ日の浅い激動期の中で、わが国の農民は経済的に必ずしも恵まれず、その多くは生活に追われ、義務教育を終えた青少年が、高等学校以上の教育を受けられることは極めて少ない状況にありました。
 これらの大部分の青少年は、熱き向学の志を抱きながら経済的理由により勉学の機会を与えられず、しかも当時の育英奨学諸制度の在り方は、高等学校以上の在学生のみに限られていたため、進学できない大部分の青少年には何らの救いの手立てがなかったのであります。
 こうした社会情勢にあって、常に農民教育に情熱を燃やしていた酪農学園創設者 黒澤酉蔵 は私財を投じ育英奨学事業を起し、学費の一部を貸与して修学を側面から支援する一方、酪農の普及および振興を図るための研究を奨励し、もって有為な人材を育成することを目的に1957(昭和32)年「酪農育英会」を設立しました。
設立以来、趣旨に賛同された多くの企業、団体、個人の方々からのご浄財(ご寄付)により、現在に至るまで事業を継続しています。
2015年度末までの実績は次のとおりです。
奨学金貸与総額 761,642千円(延べ4、181名)
奨学金給与総額 123,215千円(延べ 335名)
奨励金交付総額  14,990千円

2016年度新規奨学生募集について
(貸与)大学・大学院    7/7採用者決定(選考終了)
    高校(定員2名)  募集中
(給与)大学・大学院 7/7、高校 7/7採用者決定(選考終了)

新着情報

一覧を見る RSS
2016.12.07酪農育英会だより2016年版を掲載いたしました。
酪農育英会だより2016年版を掲載いたしました。詳細は以下のリンクよりPDFをダウンロードすることができます。酪農育英会だより2016年版
2015.12.22年末年始休業のお知らせ
年末年始休業のお知らせ平素より酪農育英会の活動にご協力賜わり、厚く御礼申し上げます。誠に勝手ながら、下記期間におきまして業務を休業させていただきます。【休業期間】2015年12月28日(月)~2016...
2015.12.10酪農育英会だより2015年版を掲載いたしました。
酪農育英会だより2015年版を掲載いたしました。詳細は以下のリンクよりPDFをダウンロードすることができます。育英会だより2015年版
2014.12.02酪農育英会だより2014年版を掲載いたしました。
酪農育英会だより2014年版を掲載いたしました。詳細は以下のリンクよりPDFをダウンロードすることができます。育英会だより2014年版
2013.12.02酪農育英会だより2013年版を掲載いたしました。
酪農育英会だより2013年版を掲載いたしました。詳細は以下のリンクよりPDFをダウンロードすることができます。酪農育英会だより2013年度版

ページの先頭へ戻る